文字サイズ

  • 標準
  • 大きく
MENU
CLOSE

EDUCATION

教科の特色

聖書

神のことばを共に学ぶ

私たちがキリスト教、教会、信仰そして礼拝という時、そこには必ず聖書(バイブル)が含まれています。

キリスト教学校であるフェリス女学院も聖書を大切なものとしています。聖書は一冊の本です。しかし、聖書はキリスト教信仰の規準であり、神のことばにほかなりません。

フェリス女学院では、他の私立や公立の学校と違い、聖書科という教科があります。

中学1年生から高校3年生まで、聖書を中心にしていろいろな事を勉強します。中学1年生の多くはフェリス女学院に入学して初めて聖書に出合う人が多いので、“キリスト教や聖書の全体的な理解”に目標をおいて勉強していきます。

また、聖書科の授業は礼拝と深く関わっています。ですから、学校で捧げられる毎朝の礼拝を大切にするだけではなく、日曜日ごとにささげられる教会の礼拝に積極的に出席してもらっています。