文字サイズ

  • 標準
  • 大きく
MENU
CLOSE

卒業生の皆様へ

各種申請
について

2022年度教育実習の申し込みについて

教育実習は、教員免許状取得のために必要な大学の単位の一部です。単位認定に必要な事柄は、大学で予め確認しておいてください。
また、教育実習は現場の中学校・高等学校の都合を超えて優先されるものではありません。場合によっては、大学側に本校の事情をご了解いただき、その範囲において実習していただくことになります。
よって、大学の定める教育実習の内容をよく確認した上で申し込みをしてください。大学の定める内容と異なる事項のある場合には、大学側に予め了解を得ておいてください。
詳細は、実習期間前に行う予定の教育実習オリエンテーションの際にお知らせします。
以下の事項に留意・了承の上、申込書を出力及び記入し、実習の申し込みを行ってください。

申込受付期間 2021年4月12日(月)~23日(金)
受入承諾通知発送 2021年5月下旬
申込方法 2021年4月12日(月)~23日(金)申込書提出(郵送)
(封筒には必ず「教育実習申込書在中」と朱書)

課題(本校からの必須課題及び各教科からの課題)を郵送にて受け取る

2021年5月7日(金)までに課題提出(郵送)<期限厳守>
(封筒には必ず「教育実習課題在中」と朱書)

2021年5月17日(月)から5月27日(木)の間に面接

郵送先
〒231-8660 神奈川県横浜市中区山手町178
フェリス女学院中学校・高等学校事務室教務係宛
※遅れた場合には受け付けられません。
注意点

以下の点を予め了解しておいてください。必要があれば、大学側に了解を得ておいてください。特に、d、e、fについて、本校の予定以外を希望する場合には、大学から文書による申し出を添えてください。

  1. 本校では、将来教職に就く強い希望を持つ者のみ教育実習生として受け入れます。また、実習生としての心構えも厳しく問われます。この点をよく理解して申し込んでください。
  2. 受け入れに当たっては、学校として上記aのことを確認する機会を持ちます。
  3. 本校では実習生全体及び教科ごとの受け入れ枠があります。必ずしも実習生として受け入れられるとは限りません。
  4. 教育実習期間は、前期の3週間(5月下旬~6月)で、週5日制のため実質15日間です。実習日数については、必ず大学から了解を得てください。
  5. 実習期間以前にオリエンテーション(例年5月下旬・半日)があります。必ず出席できるように、事前に大学の講義等を調整してください。
  6. 実習生の数が多い場合などには、教壇実習時間数が制約されることもあります。
  7. 教科によっては、大学での専攻とは異なる項目を担当する場合があります。
教育実習事務費 実習期間中の諸経費を実習生本人より徴収いたします。金額は5,000円です。教育実習期間中に事務室で支払ってください。
お願い 申込書の記載事項は、教育実習に関するお知らせのために使用いたします。 申込み後に連絡先の変更等があった場合には、速やかに下記まで連絡してください。 本校事務室教務係 Tel 045(641)0242

以下の申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入して事務室窓口に提出(郵送可:期限内必着)してください。

2022年度教育実習申込書