文字サイズ

  • 標準
  • 大きく
MENU
CLOSE

ABOUT

校名・校章・校歌・制服

校名

「フェリス」とは一度も来日したことがなかったが、学院に対して物心両面にわたり援助を惜しまなかったアメリカ改革派教会の外国伝道局主事父子の姓です。
学院の校名は、創立時には「キダーさんの学校」「ミロルさんの学校(※)」などと呼ばれていましたが、キダー(Mary Eddy Kidder, 1834-1910)は、山手178番に校舎が新築された時、援助を惜しまなかった父子に敬意を表して「フェリス・セミナリーと呼びたい」と望み、その後「フェリス・セミナリー」、「フェリス和英女学校」と呼ばれるようになりました。

  • 結婚後のキダーの姓である「ミラー」は、当時「ミロル」とも表記された。

校章

盾に創設時の校名Ferris SeminaryのFとSの二文字をデザインしたのがフェリス女学院の校章です。盾は私たちを外部の嵐から守る信仰の力を表し(「エフェソの信徒への手紙」6章16節)、白、黄、赤の三色は信仰、希望、愛(「コリントの信徒への手紙一」13章13節)を表しています。

校歌

歌詞

1.

清らかに 恵の花の咲くところ
緑濃き フェリスの丘に
富士の嶺は 豊かに晴れて
乙女等の 希望(のぞみ)は湧けり
覚めむ いざ 学びの友よ
つつましく 篤く祈りて
人の世に
みことばの 光傳へむ

2.

新しき 生命の清水汲むところ
黎明の 鐘はひびきて
打ち拓く 歴史の扉
学び舎の 歩みは高し
立たむ いざ 自由のともよ
おのがじし 智慧をみがきて
ひとすぢに
まことなる 道をきはめむ

3.

とこしへの 平和の朝の澄むところ
まなかひの 港都(みなと)の海に
流れ合ふ 八重の潮路も
境なき 一つの理想(おもひ)
行かむ いざ みくにの友よ
もろともに 深く睦みて
若き日を
御栄光(みさかえ)の わざに捧げむ

著作権

MP3データおよびデータの製作の著作権は学校法人フェリス女学院にあります。

禁止事項

無断転載は禁止します。転載ご希望の方はご一報ください。再配布(第三者への譲渡を含む)、加工は禁止します。曲の複製または引用、編曲を禁止します。ファイルに直にリンクすることを禁止します。

1945年、長かった戦争が終わりました。学院も戦後の復興期を迎えます。《フェリス女学院校歌》(1950)はそうした時期に誕生しました。
戦後の6・3・3制導入にともない、フェリスも中等部5年+高等部2年の課程を、中学校3年+高等学校3年+専門学校3年に再編成しました。毎朝の礼拝は、3つの学校が合同で守るようになります。全校生による賛美に加え、全校合唱も行われました。そうしたなか、全校で一緒に歌える、新時代の校歌がほしい、という願いがおこってきました。
この願いが、1950年に実現します。おりしも学院の創立80周年。校名も横浜山手女学院からフェリス女学院に変更。戦後発足した専門学校も短期大学に再編成することになりました。学院にとって希望の出発の年に新校歌制定の夢が実現しました。

英 康子による作詞

1950年春、創立80周年の記念事業のひとつとして、新校歌制定の準備開始が理事会で認められました。作曲は、専門学校音楽科の教員だった新進気鋭の作曲家、團伊玖磨が担当することになりました。
歌詞は学内関係者から公募することになりました。公募にあたり、次の条件が歌詞に求められました。1)キリスト教の信仰に基づく女子教育の学校であることを明示し、 2)学院の長い歴史を踏まえつつ、 3)世界とのつながりに言及し、 4)歌詞全体は3節以内にまとめることです。 多数の応募作があり、選考は都留学院長を中心とする委員会が行いました。選ばれたのは、中学校・高等学校の国語の教員で当時22歳の英康子(現姓 依田康子)の詞でした。
聖書のみことばも要所要所に歌いこまれています。「惠の花」は山手の丘のクローバーの花であると同時に聖書の「野の花」(マタイ6:28)に通じます。「生命の清水」(ヨハネ4:14)、「自由」と「まこと」(ヨハネ8:32)もみことばによります。

英 康子

Yasuko Hanabusa

(1927-)
1944年横浜山手女学院(現・フェリス女学院)中等部4年修了後、直ちに東京女子大学国語科入学。1947年より1952年3月まで、学院で国語を担当。元日本基督教団本郷台伝道所主任牧師。

團 伊玖磨による作曲

作曲は1950年の夏から秋に行われました。夏、團伊玖磨は完成間近の草稿を持ち、御殿場二ノ岡の山荘に三宅洋一郎を訪ねます。
1941年からフェリスで音楽を担当し、短期大学音楽科の設立の中心人物となった三宅は当時の様子を次のように回想します。「フェリスの二ノ岡山荘のベビー・オルガンで、この校歌を初めて音にした時の喜びを今も忘れることは出来ない。曲は明るい前奏に続いて、抒情的な旋律で静かに歌いはじめ次第に曲想を盛り上げて行き、後半はテンポを幾分早めマーチ風なリズムで前進的な意志を強調し、堂々と最後のクライマックスを作り上げることに成功していた。短い曲のなかで、これだけ変化に富んだ音楽的表現力を持つ点でも、在り来たりの校歌の枠を超えた一つの芸術作品といっても言い過ぎではないだろう」(フェリス女学院資料室紀要『あゆみ』第7号)。
曲は最終的に女声三部合唱の形に整えられました。初演は1950年11月2日。創立80周年記念式典で、全校合唱で歌われました。初演はオルガンとピアノによる伴奏で行われています。

團 伊玖磨

Ikuma Dan

(1924-2001)
戦後日本の代表的作曲家。東京音楽学校卒。≪交響曲イ調≫、オペラ≪夕鶴≫の他、≪ぞうさん≫等の童謡作品でも知られる。 1947年~1963年、学院の音楽科で作曲理論を担当。

制服

セーラー服

セーラー服がフェリス女学院の標準服として着用が推奨されたのは、1921(大正10)年のことです。関東大震災後に制服として正式決定され全員が着用するようになりました。冬服は紺のセーラーカラーにひだスカート、襟のライン、ネクタイはえんじ。夏服は白地の上着にブルーグレーのギンガム地のセーラーカラー、襟のラインは白、黒のネクタイ。スカート丈、ネクタイの結び方などは、その時代その時代で多少変化はしているものの、今日まで100年ほぼ変わることなく大切に着続けられています。
見えないところでは進化しています。家庭で洗うことができるようになったほか、いざという時にAEDを当てやすくするための工夫が施されました。

準制服

暑い盛夏の時期に着用することができます。指定のギンガムチェックのスカートに、半そで襟付きの白シャツ(指定なし)。準制服は1968(昭和43)年にはじめて導入され、デザインは何回か変更されています。