トップ >  学校案内 > フェリス女学院のあゆみ

フェリス女学院のあゆみ

沿革

1869年(明治2)メアリー E.キダー来日
宣教師。本校の創立者。1870(明治3)年9月、明治政府の体制も整いかねていた頃、日本の表玄関として文明開化の気風みなぎる開港地横浜において、日本で最初の女子教育を始めました。
メアリーE.キダー
メアリー E.キダー
(Mary Eddy Kidder)
1875年(明治8)現在地(山手町178番地)に校舎落成。校名をアイザック・フェリス・セミナリー(日本名:フェリス和英女学校)とする。生徒数14名
1875(明治8)年6月、現在の山手178番地に校舎ができ、アメリカ改革派教会外国伝道総主事であったアイザック・フェリス氏に因んで「アイザック・フェリス・セミナリー」と命名され、本格的な教育が始まりました。
アイザック・フェリス
アイザック・フェリス
(Isaac Ferris)
1881年(明治14)E.S.ブース、校長に就任
1882年(明治15)最初の規則書(学則)成る
1907年(明治40)同窓会誌「白菊」創刊
1908年(明治41)校旗制定
1915年(大正4)校章制定
1920年(大正9)創立50周年 「開校五十年史」発刊
1922年(大正11)J.M.カイパー、校長に就任
1923年(大正12)関東大震災、カイパー校長殉職
1924年(大正13)L.J.シェーファー、校長に就任。制服制定
1929年(昭和4)1号館・カイパー記念講堂 完成
1930年(昭和5)学校新聞「フェリス新聞」創刊
1931年(昭和5)創立60周年「フェリス和英女学校60年史」発刊        
1935年(昭和10)H.V.E.ステゲマン、校長に就任
1940年(昭和15)創立70周年 都留仙次、日本人最初の校長として就任
1941年(昭和16)戦時下、校名を「横浜山手女学院」に変更のやむなきにいたる
1944年(昭和19)校舎を日本軍に貸与
1945年(昭和20)米軍進駐軍、校舎を使用(翌年まで)
1947年(昭和22)学制改革により中学部(中学校)を設置
1948年(昭和23)学制改革により高等学部(高等学校)を設置
1950年(昭和25)創立80周年 現在の校歌制定
         校名を「フェリス女学院中学校・高等学校」と改める
1962年(昭和37)1学年2学級から3学級に増員(1学年135名)
1970年(昭和45)創立100周年 「フェリス女学院100年史」発刊 
1972年(昭和47)1学年につき9名増員(1学年144名)
1990年(平成2)創立120周年 校地・校舎を拡充
1993年(平成5)1学年3学級から4学級に増員(1学年180名)
2000年(平成12)創立130周年 新校舎建築(建て替え)
2002年(平成14)第1期建て替え工事完成(12号館(現3号館)、カイパー記念講堂、1号館)
12号館(現3号館)12号館(現3号館)
カイパー記念講堂カイパー記念講堂
1号館1号館
2010年(平成22)創立140周年 カイパー記念講堂にパイプオルガン設置
パイプオルガン1
パイプオルガン2
2015年(平成27)第2期建て替え工事完成(新体育館、2号館)
体育館 メインアリーナ体育館(メインアリーナ)
2号館2号館

校章

校章

盾に創設時の校名Ferris Seminary のFとSの二文字をデザインしたのがフェリス女学院の校章です。 盾は私たちを外部の嵐から守る信仰の力を表し(「エフェソの信徒への手紙」6章16節)、白・黄・赤の三色は信仰、希望、愛(「コリントの信徒への手紙一」13章13節)を表しています。

校歌

作詞:英 康子  作曲:團 伊玖磨

校歌

フェリス女学院の歩みについて

(学校法人サイトへリンクします。)
  • お知らせとご案内
  • 説明会・イベント
  • 教育の特色
  • 入試要項
  • 入試に関するQ&A
  • 専用ページ
  • 卒業後の進路について
  • クラブ活動・生徒会
  • 校納金について
  • 学校生活に関するQ&A
  • お知らせとご案内
  • 年間行事
  • クラブ活動・生徒会
  • 校納金について

top