トップ >  学校生活 > 卒業生メッセージ

卒業生メッセージ

卒業生からのメッセージ奨学会(PTA)ニュースによせられた在校生や保護者へのメッセージをご紹介します。

Oさんからのメッセージ
後輩のみなさんには、興味のあること、やりたいことには大いに挑戦してほしいと思います。自由を生かすも死なすも自分次第ですが、さまざまなことを追求すると、可能性は大きく広がります。
保護者の方々は、お子さんとの距離の取り方が難しい時期だと思いますが、中高生は家庭から出て、いろいろなものを吸収しながら自我を形成する時期です。これまでと同じようなやり方で保護をするのではなく、そっと見守ってあげてください。近くで見守る人がいれば、子どもは自然と育っていくものですから。

Kさんからのメッセージ
在校している皆さんは今、目の前のこと一つ一つに一生懸命に取り組んでいることでしょう。皆で一つのことを創り上げる喜び、クラスや部活といった小さな社会における責任、そしてもちろん多様な教科など、多くを学び、吸収している最中だと思います。時には友達とうまくいかなかったり、学校に不満を感じたりすることがあるかもしれません。私にもそういうことがありました。それでも、卒業してから改めて思うと、中高をほかでもないフェリスで、本当にたくさんのことを学び、素晴らしい友人、先生方に出会えたことが私の人生の方向性を決めたといっても過言ではありません。ぜひ、今の学校生活を大切にして、自分らしく過ごし、様々なことを吸収してください。この先ふと、礼拝で聞いた先生のお話に力づけられることもあると思います。どんなにフェリスから離れても、私の中には「フェリス」が組み込まれていて、それと一緒に生きていくのです。将来の自分の種となる今の学校生活を力いっぱい満喫してください!

Nさんからのメッセージ
一番の財産は「物を考え決める力を付けてくれたこと」です。ホームルームや修養会など議論する機会が多く、安心して青臭い理想論を闘わせる中で「物事を多方面から見ることの大切さ」「人の意見を聞く姿勢」「何が真実か見極める難しさ」を学びました。生徒を信用し、「自分で考えなさい」という放任主義だったのも良かったと思います。後輩には「もっともっと友達と議論しなさい。いろいろ考えて、悩みなさい」と言いたいです。
個人的にはもっと本を読んでおけばよかったと思いますが、学校は多くの教養を与えてくれました。先日偶然、当時のノートや副読本を見つけ、水準の高さに驚きました。在校生には、先生方からとことん吸収しなさいとも伝えたいです。
  • お知らせとご案内
  • 説明会・イベント
  • 教育の特色
  • 入試要項
  • 入試に関するQ&A
  • 専用ページ
  • 卒業後の進路について
  • クラブ活動・生徒会
  • 校納金について
  • 学校生活に関するQ&A
  • お知らせとご案内
  • 年間行事
  • クラブ活動・生徒会
  • 校納金について

top