トップ >  学校案内 > For Othersについて

For Othersについて

For Others

For Others “他人のために”

この言葉は、いつの時代も本校に満ち溢れているイエス・キリストの愛と「どんなときでも他の人たちのことを心にとめなさい」という、変わることのない教えです。聖書にある「めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい」(「フィリピの信徒への手紙」2章4節)という言葉もその大切さを語っています。

“For Others”

フェリス女学院の教育理念”For Others”は、誰か特定の人によって提案されたのではありません。およそ100年ほど前に、誰が言い出すともなくキャンパスに自ずと醸し出され、フェリス女学院のモットーとしてごく自然に定着しました。

中学校・高等学校におけるFor Others

「与えることができる者」へと
フェリス女学院は、 “For Others”という聖書の教えのもと、「キリスト教信仰」・「学問の尊重」・「まことの自由の追求」を大切にしています。そして、生徒一人ひとりが、6年間の一貫教育を通して、しなやかな心を育み、つねに与えることができる、“For Others”の精神を持った者へと成長することをめざしています。
For Othersの教えに基づく教育方針

num1

キリスト教信仰

どのようなことにおいても、自分はいま 「他人のために」何ができるのかを考え、その思いを大切にする

キリスト教信仰

num2

学問の尊重

日々の勉強を大切にする

学問の尊重

num3

まことの自由の追求

人との関わりを大切にし、
“For Others”の思いに生きる自由

まことの自由

フェリスの教育方針について

  • お知らせとご案内
  • 説明会・イベント
  • 教育の特色
  • 入試要項
  • 入試に関するQ&A
  • 専用ページ
  • 卒業後の進路について
  • クラブ活動・生徒会
  • 校納金について
  • 学校生活に関するQ&A
  • お知らせとご案内
  • 年間行事
  • クラブ活動・生徒会
  • 校納金について

top